SKYキャッスル第13話のあらすじネタバレ&感想考察!

SKYキャッスル第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画でSKYキャッスル第13話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

SKYキャッスル第13話のあらすじネタバレ

天才児の母親として有名だったジェニファーキムという女性は夫の自動車事故を偽装し殺害した罪で逮捕されていた。写真を見せてもらうと確かにジェニファーという女性はジュヨンだった。娘はわずか9歳でワシントン大学に入学したがその事故で脳に重篤な後遺症を負ってしまった。ソジンはジュヨンとは別人だと答えるが、経歴を考えると韓国でコーデとして活躍している可能性もある、とローラは納得しない。姑のツテで優秀なコーデを紹介してもらいに来たローラだがソジンは紹介を断る。

ジュヨンの壮絶な過去を知ったソジンは不安になりスイムに話を聞きに行く。パク教授の友人の息子は体調が悪く医大を辞めようと悩んでいたがジュヨンからの心無い忠告を受けた後自殺していた。自分の過去まで調査しヨンドゥを利用し近づいてきたことを考えると、イェソの気持ちをどう刺激しているかと心配するスイム。ヘナの父親のことも知っていてわざと同居を勧めたかも、という疑惑を抱くソジン。

朝方にクラブから帰り散らかった部屋で寝ているセリ。セリの部屋に入ったスンヘは耐えきれずに、セリの革ジャンを投げつけ「いつまで後始末させる気なのか!」と怒鳴りつける。セリの額が金具で切れ、部屋に入ってきたミニョクは溺愛するセリの傷を見てスンヘを責める。

ソジンはジュヨンに会いに行き過去の事件の釈明を求める。ソジンをケイの家に連れて行くジュヨン。窓の外からケイの様子を見ながら、夫とは離婚間近だったため世間からは疑われ続けたが、IQ200以上の天才だった娘の素晴らしい未来を母親の自分が奪えるわけがないと語るジュヨン。優秀な子供を指導することで傷を癒し、今も自分にはイェソのケアが必要だと言われ、ジュヨンの深い傷を知り同情するソジン。帰宅したジュヨンは苛立ち、腹いせにイェソを毎日瞑想室に呼び「医大合格に導けるのはこの自分だけだ。合格までの道を邪魔する者はたとえ母親であっても拒否しろ」と暗示をかける。

ヘナは部屋のリフォームやクレジットカードを要求するなど態度が横柄になる。洗面所にヘナの歯ブラシを見つけカッとなったイェソは、イェビンの部屋で寝ていたヘナに歯ブラシを投げつける。イェソに「私の入試が終わったら追い出されるくせに。あんたなんてただの勉強道具に過ぎないとキムジュヨン先生が言ってた」と暴言を吐かれたヘナは、キムジュヨンというコーデが自分を利用しているのではと考える。

ミニョクはキム議員の恩師が急死したため「遅くなる」と言い残し出かけて行く。このタイミングでスンヘはついにセリのウソを問い詰めるが、自分が悪いことはわかっているが親からのプレッシャーが死ぬほどつらかった、と淡々と答え家を出ていくセリ。追いかけてきたソジュンとセリの言い争いを聞き、通りがかったウジュとヘナも真相を知る。

院長とジュンサンの2人と葬儀場で待ち合わせるミニョク。亡くなった恩師がキム議員と院長の共通の知人というシナリオであったが、打ち合わせの時間がなかったためミニョクはジュンサンに恩師に関する情報のメモを渡す。しかしメモはハングルでなく漢字で書かれており内容が全く読めずあせるジュンサン。読めないだろうと踏んだミニョクの嫌がらせだった。結局情報のないままミニョクとキム議員のいるテーブルに同席することになったジュンサン達。だが当然会話が全くかみ合わず微妙な空気が流れる。

ミニョクの嫌がらせに怒りながら帰ってくるジュンサンだが、セリが偽ハーバード生だったことをヘナから聞き上機嫌で笑い転げる。

ひたすら薪割りをする日々を送るパク教授のもとについに憔悴しきったヨンジェがやって来る。靴も履かずに息子を迎えに飛び出し固く抱き合う2人。パク教授はスイムに連絡をし、ヨンジェとついに対面したスイム。大学合格で親への復讐を思いとどまりそうになったが、たとえ親でも幸せを踏みにじった人間を絶対に許すなと暗示をかけられ、合格後ガウルの連絡先や苦労している近況をジュヨンに教えられたヨンジェは復讐を実行にうつした。思い通りに生徒を操るジュヨンの恐ろしさを知ったヨンジェは、自分のことを小説に書いてほしいとスイムに思いを託す。

スイムからガウルのことをわざとヨンジェに教えた話を聞き、さすがに驚きを隠せないソジンはジュヨンの秘書を呼び出しヘナの調査をしたか問いただす。秘書は携帯を差し出し、ジュンサンとウネの写真やメールの履歴を撮った画像をソジンに見せ「代表がお待ちです」と伝える。ソジンはわざとヘナを引き取るよう指示されたことを確信する。

SKYキャッスル第13話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

SKYキャッスル第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でSKYキャッスル第13話を観たいですよね!

U-NEXTを使えばSKYキャッスルを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

SKYキャッスル第13話の感想と考察

物語がどんどん展開し始めました。

ジュヨンの過去が明かされソンジェも現れたことでジュヨンの嘘がどんどん明らかになってきましたね。

ジュンサンもセリのことで笑ってる場合じゃないのに、とやきもきします。

今や自分の家庭がヘナという爆弾を抱えてジュヨンの標的になっているというのに!

ヨンジェが山荘に戻ってきたシーンは泣けました。

お母さんを失いましたが、代わりに本物の親子の絆で結ばれた気がします。

緊迫したストーリー展開が多くなってきたので、嬉しいエピソードでした。

まとめ

以上、SKYキャッスル第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です